投資のこと

コロナショック時に投資初心者がやらかした実話【Part.1】

投資初心者であるワガママひげおやじがコロナショック時にやらかしたこととは? 実話である失敗談からやってはいけないことを考えます!

 

 

投資を始めるキッカケは…「ほけんの窓口」

 

どうも 管理人のワガママひげおやじです。
2020年になって投資とブログを始めた、ワガママひげおやじワガママひげおやじです。

ワガママひげおやじ家には2人の子供がいます。2人とも高校生です。そんな子供のことだったり、暮らしのことだったりも記事にしています。

※「子供のこと」はこちらから
※「暮らしのこと」はこちらから


去年のことでしたが、保険を見直すことがありました。あの有名な「ほけんの窓口」さんに行ってきました。

出典:ほけんの窓口グループ株式会社

 

笑顔ひげおやじ
笑顔ひげおやじ
嫁さんと2人で行ってきたよ
嫁さん
嫁さん
結構 大変だったわよね

 

 

人生の中での現状把握が出来た

 

結局「ほけんの窓口」さんでは契約しなかったんですが、FP(ファイナンシャルプランナー)さんに色んなことを教えていただきました。 とりわけワガママひげおやじは家計のことは全て嫁さんに任せっきりで、預金通帳すら満足に見たことがありませんでしたから、収入のことや支出のこと、これから起こるライフイベントのことなど為になることが多かったです。

そしてこれからも健康で、バリバリ仕事をさせてもらえることを前提にすれば、ほんの少しだけ余裕が出来ていたことが分かりました。

嫁さん
嫁さん
何が起こるか分からないけどね
笑顔ひげおやじ
笑顔ひげおやじ
その為の保険だからね

 

 

銀行の金利の低さに改めて気付いた

 

0.001%ですからね…。 100万円預けて1年間で10円です、10円。 そんな時に銀行の株を買うと金利の何千倍の配当がもらえる…っていうネットの記事を見ちゃったんです…。 その時の話は以前の記事で。

※以前の記事
「株」って悪いものだと教えられませんでしたっけ?
※こちらも
今週のバンク/06月20日号


そりゃぁ知ってましたよ。 別に騙された訳じゃぁないですよ。 でもね、銀行預金の他に選択肢なんて無かったんですよ。 だって株って悪いものだと思ってましたから! そう教えられた気がします、株はギャンブルだって!

それでもやっぱり低すぎる金利…。 そしてどんどん投資へと気持ちが傾いていきました。

嘆きひげおやじ
嘆きひげおやじ
ここまでは問題ないと思うんだけどね…

 

見るもの聞くもの良く思える・・・失敗ポイント①

 

気持ちが傾いてくると 自然とそういう話題が目に付いたりするようになるんですよね? え? そんなことない? 気のせいですか? そうですかねぇ…。 でもそんな時に「ロボットアドバイザー」っていうのを知ったんです。AI(エーアイ)です、AI。

AIってそりゃ儲けてくれそうじゃないですか、いかにも!

WealthNavi(ウェルスナビ)

出典:ウェルスナビ株式会社様 HPより

THEO[テオ]

出典:株式会社お金のデザイン HPより

 

真面目に検討した「ロボットアドバイザー(AI資産運用)」の2社。 気持ちは契約寸前でした(笑)。 でも契約しなかったのは、手数料がちょっと高いっていう記事を読んだから…。


そしてその記事ではバランス型の投資信託をお勧めしていました。

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

出典:三菱UFJ国際投信株式会社様 HPより

 

WealthNavi」や「THEO」のロボットアドバイザーにしろ、「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」の投資信託にしろ、1つの商品で複数の金融資産に分散投資が出来るというのが特長です。

同じ分散投資ならAIの方に魅力を感じるんですが、手数料(信託報酬)の違いというのは「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」の0.15%に対して、「WealthNavi」や「THEO」のロボットアドバイザーについては1%…。 この差が大きいのか小さいのか分からず、当時は壁として立ちはだかってしまいました…。
(現在販売されている投資信託で、信託報酬が1%を超えるものはとても沢山あります。ロボットアドバイザーの手数料が高すぎるとは思いません。むしろ安いんじゃないでしょうか。)

上記3商品が悪いものだとは思っていません。 ただ見聞きしたものをほぼ鵜呑みにしてしまったことが失敗ポイントになります。 いろんな商品を知ったうえで比較検討し、自分で考えることが大事なポイントだと思います。

普段ひげおやじ
普段ひげおやじ
少なくとも肯定的な意見と否定的な意見と、両方を比べて自分で考えるといいね

 

分散投資を知ったかぶり・・・失敗ポイント②

 

投資について調べ始めると、必ず「分散投資」という言葉に出会います。リスクヘッジ(危険を予測し、それを避けるように対策を図ること)の考え方ですね。

良く用いられる例えが、「沢山の卵を1つのカゴに盛ったとき、カゴを落としてしまうとほとんどの卵がダメになってしまう。複数のカゴに卵を分けて盛ったときは、1つのカゴを落としてしまっても他のカゴの卵は無事である。」というものです。 これは卵を資金、カゴを投資先に例えていますね。

ロボアドバイザーやバランス型投資信託というのは、元々そういうコンセプトなんでしょう。 初心者は特にあれもこれもとは中々出来ません。 そんな中ワガママひげおやじは「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」を軸にもう少し分散しようと他の投資信託にも目を付けます。

eMAXIS Slim先進国株式インデックス

出典:三菱UFJ国際投信株式会社様 HPより

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

出典:三菱UFJ国際投信株式会社様 HPより

 

同じくeMAXISシリーズの「先進国株式」と「米国株式」です。 とりあえず商品を増やして分散した気になってました…(失敗ポイント)。

念のため付け加えますと、上記の「先進国株式」も「米国株式」も、その市場の平均となるように数値化した指数に連動したインデックス型の投資信託です。 その市場の全ての銘柄を買っているようなものですから、個別株に比べれば圧倒的に分散されていますね。 ただこの場合は株式だけなんですよね。バランス(8資産均等型)の方は債権や不動産(REIT)も組み込まれています。

一般的に株と債券は逆相関の関係にあると言われ、株が上がれば債権が下がり、株が下がれば債権が上がりやすいことから、バランスよく組み込むことが良しとされています。

そして口座を開設した「SBI証券」さんから、3つの投資信託を購入することになります。

嘆きひげおやじ
嘆きひげおやじ
そもそも債権って何? って感じだったからね…

 

予算全額を1度に購入!・・・失敗ポイント③

 

「先進国株式」と「米国株式」と「バランス(8資産均等型)」をそれぞれ 1:1:2 の割合で購入しました。1月中旬のことです。 それぞれ約定日が 1/15になっています。
(約定日とは取引が成立した日のことになります。投資信託は1日に1回だけ価格の変動があり、その価格のことを基準価額といいます。国内を投資対象としている投資信託であれば通常、株式市場が開いている午後3時までに注文すれば その日が約定日となり、その日の基準価額で取引することになります。海外を投資先としている投資信託の場合は、注文の翌日以降が約定日となります。)

ここでは買う気満々だった為に、予算を1度に全額投入してしまったところが失敗ポイントです。 「時間的分散」という意識が全くありませんでした。 初心者にお勧めのインデックス投資を対象とした「ドルコスト平均法」というものは、まだ知らなかったのです。

※ドルコスト平均法についてはこちら
コロナショックで投資をはじめてみたい”あなた”へ(後編)

このすぐ後にコロナショックが始まりますので、今となっては特に失敗ポイントだったなぁと思います。 逆に相場が落ち込んだ底値で1度に買えれば、すごく儲けが出るんでしょうが…。

嘆きひげおやじ
嘆きひげおやじ
どこが底値かなんて誰にも分からないよね?

 

日々の値動きに一喜一憂・・・失敗ポイント④

 

これは初心者だからしょうがないですよね。 さらに言えば投資の仕方によって、例えばデイトレーダーのように短期の値動きで売買をするなら、日々どころか1分1秒が勝負なんでしょうし…。 まぁ、投資信託は1日1回しか値動きしないんですけどね…。 長期保有目的で購入していますから、そういった意味で失敗ポイントですね。 ただしこの後に、この一喜一憂が功を奏することになります。

購入から最初の1週間は順調で、何でもっと早くやらなかったんだろうって浮かれてました。 ただ次の週(1月第3週)は毎日下げていきました…。 新型コロナウイルスが報道され始めた頃だと思います。 ダイヤモンド・プリンセス号が横浜港に入港し、下船できなくて船内待機となったのが2月3日からです。

毎日毎日が、恐怖感との戦いでしたね。 この時にリーマンショックの頃の下落率なんかも調べたりしました。 もしリーマンショックのような下落が起こったら…。 長期保有目的で買ったばかりの投資信託でしたが、手放すことを決心しました。 同時にもっと安くなったところで改めて買い直せば、効率的だと思ったのです。

 

購入以降の基準価額

1
1
バランス(8資産) 先進国株式 米国株式
買い約定日
(1/15)
¥11,773 ¥13,528 ¥12,260
購入後最初の週末
(1/21)
\11,866
0.79%アップ
\13,729
1.49%アップ
¥12,465
1.67%アップ
売却を決意する日
(1/27~28)
\11,669
0.88%ダウン
\13,460
0.50%ダウン
\12,208
0.42%ダウン
売り約定日
(1/28~30)
\11,689
0.71%ダウン
\13,210
2.35%ダウン
\11,994
2.17%ダウン
勘違い期間
(2/21)
\11,983
1.78%アップ
\14,067
3.98%アップ
\12,861
4.90%アップ
最安値
(3/19~24)
\8,858
24.76%ダウン
\9,110
32.66%ダウン
\8,432
31.22%ダウン
現在
(6/19)
\10,716
8.98%ダウン
\12,298
9.09%ダウン
\11,391
7.09%ダウン

 

ワガママひげおやじの最初の投資は、僅か2週間で投入資金の約1.5%の損失という結果になりました…。

後になってみればですが、この判断自体は間違っていなかったように思います。現在でも7~9%のダウンを考えれば、早めの損切が功を奏したと…。

 

〈 投資信託について 〉

基準価額とは10,000口の値段
金額買付と口数買付の2種類の購入方法がある
金額買付は100円以上1円単位で購入可
口数買付は1万口以上1万口単位で購入可

 

 

 

予想に反して株価が上がった・・・失敗ポイント⑤

 

新型コロナウイルスの影響で暴落が来ると思って、1月末に僅か2週間の保有で3つの投資信託を手放したワガママひげおやじでしたが、その直後から株価が上がっていくという追い打ちをかけるような展開が待っていました。

上記、購入以降の基準価額の表のように、2月の第3週までじわじわ上がっていったんです。 その時点では、ほぼ1番の安値で手放してしまった形でした…。


そしてワガママひげおやじはこう思ってしまったんです…

変態ひげおやじ
変態ひげおやじ
コロナ全然大したことないじゃん!

 

失敗ポイント
今は明らかに世界が変わってしまいました…。 世界中で多くの方が亡くなられ、今もなお多くの方が、苦しまれ、闘われ、そして奪われてしまっています。 本当に今となっては大変不謹慎で、ここにこの表現を使うのもどうかと思ったのですが、当時の正直な気持ちです。(感染された方、ご家族ご遺族の方、またコロナ過で大変な思いをされている方々、必死で闘っておられる医療従事者ならびに介護職員の方々、その他大勢の方々、本当に申し訳ございません

そして大したことないって思ってしまった大したことない小市民は、売却して出来た資金で再び物色することになります…。

 

そして【Part.2】へ・・・

 

投資初心者であるワガママひげおやじのいくつかの失敗を、振り返って書いてきましたが 少しボリュームが出てきましたので、続きは【Part.2】で書いていきたいと思います。 ここまでの話は大体2~3か月くらいの出来事だと思います。 初購入からは僅か2週間です。

はたして【Part.2】で収まるのか? いや、そもそも【Part.2】はアップされるのか? 次に出るのは全然違うテーマだったり?

…まぁ、それはまた次の記事で・・・。

 

ABOUT ME
ワガママひげおやじ
IPOの結果を主に発信していきます! 2020年、いろんな”初めて”を経験しています! 50才を過ぎてるのに! 人生は一度っきり! でも失敗したくない!! そんな「ワガママひげおやじ」と一緒にいろんなことを勉強しましょう!!
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA