暮らしのこと

年収300万円、若手サラリーマンの「ふるさと納税」攻略法!

 

 

やってない人、絶対にやった方がいい!

 

どうも 管理人のワガママひげおやじです。
2020年になって投資とブログを始めた、ワガママひげおやじワガママひげおやじです。

皆さんは「ふるさと納税」利用してますか?
もし利用していないのなら、今すぐ利用してください! 特にサラリーマンの場合は税金を取られまくっているので、数少ない簡単な節税対策をやらないのは勿体なさ過ぎます!! また、年収800万円あるよ!って人は本当にやった方がいいので是非読んでいってください。

 

ふるさと納税とは…

「納税」という言葉がついているふるさと納税。
実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。
一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。ですが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。

出典:総務省 ふるさと納税ポータルサイト より


どうでしょう? 分かりましたでしょうか?

ざっくり言うと、自治体に「寄付」をすると「寄付金-2,000円」税金を安くしますよ…ってことです。 よく考えると2,000円損してるじゃん…ってなるんですが、「寄付」をすると自治体から「返礼品」がもらえるんです!

 

 

 

控除額は人によって違うので注意!

 

ふるさと納税」によって控除(税金が安くなる)される額は収入などによって変わってきます。 ただし自己負担額は2,000円で誰もが同じです。

収入が高ければ高いほど、控除額も多くなります。 まぁ高収入の人はそれだけ税金払ってますからね。

自分の控除額(寄付上限額)を調べるには、ふるさと納税のサイトにあるシミュレーションを使って調べることが出来ます。

ふるさと納税サイト

・「さとふる
・「楽天ふるさと納税
・「ふるなび
・「ふるさとチョイス」など・・・


大体、独身の年収300万円のサラリーマンで、約28,000円の控除限度額となります。

この場合 28,000円寄付をすると、2,000円を引いた26,000円が控除されることになります。

ここで注意して欲しいのは、自分の控除額をしっかりと把握する…ということです。

各サイトには控除額を試算するシミュレーションツールが用意されていますが、簡易型と詳細型とがあったりします。 簡易型は簡単に目安の控除額が試算できるんですが、ふるさと納税を最大限に利用する場合には、詳細型で試算しましょう。
と言うのも 自分の控除限度額を上回って寄付した場合、その上回った分は自己負担分になってしまうからです。 もし5,000円上回った場合、もともとの自己負担分である2,000円にプラスして合計7,000円が自己負担となってしまいます。

控除上限額は必ず詳細シミュレーションで試算しよう!

 

 

「返礼品」について・・・

 

返礼品」は各自治体に寄付をしたとき、その自治体から送られてくる「お返しの品」になります。

返礼品」ついてですが、調達費が寄付額の30%以下の地場産品とされています。 これは管轄の総務省が各自治体に指導要請しているようです。

 


年収300万円の独身サラリーマンの場合、控除上限額が28,000円ですから その範囲内で好きな自治体(返礼品)に寄付をします。 そうすると自己負担額2,000円を除く26,000円が所得税と住民税から控除され、さらに8,400円相当の返礼品が届くことになります。 したがって、2,000円で8,400円相当のお買い物をしたことと同じになります。

年収400万円の独身サラリーマンなら控除上限額 約42,000円で返礼品12,600円相当、
年収600万円の配偶者ありサラリーマンで控除上限額 約69,000円の返礼品20,700円相当ということになります。

寄付金額の3割というのは還元率で表すと30%ということになります。 ところが実際の返礼品を検索してみると30%どころか70~80%、100%以上のものもあります。 これは1万円寄付したら、1万円以上の返礼品が届く…という意味です。 もっとも定価があってないようなものですから、還元率にこだわるよりは欲しいものを選んだ方がいいと思います。


返礼品」については各自治体で複数用意されていて、数にするとめちゃくちゃあります。 「ふるさとチョイス」さんなんかはその数22万点以上!(2019年10月時点) 毎日休まずに600個検索しても1年掛かります!!

 

 

「ふるさと納税」には確定申告が必要…?

 

はい、終了~! ってならないで下さい! ほとんどのサラリーマンの場合、確定申告はしませんね。 1度もしたことがない、やり方が分からない、面倒くさい、そんなイメージですよね…。

原則は確定申告をしなければ控除を受けることは出来ないんですが、これを簡素化する制度が平成27年から始まったんです。

ふるさと納税ワンストップ特例制度

出典:総務省 ふるさと納税ポータルサイト より

 

ふるさと納税ワンストップ特例制度

・寄付対象の自治体が5つまで
・各自治体へ特例申請書の提出
・本来 確定申告不要な給与所得者等

上記条件を満たす場合に確定申告は不要になる。ただしこの制度を利用した場合所得税からの控除は発生せず、ふるさと納税を行った翌年の6月以降に支払う住民税の減額という形で控除されます。

いつも確定申告していないサラリーマンで、寄付対象を5つまでにしぼって、各自治体へ特例申請書を提出するだけでOKです! 申請書は申込時に送付を依頼すれば郵送、又はダウンロードなどで入手できます。

1度やってみて下さい。 全然難しくはありませんから!

 

笑顔ひげおやじ
笑顔ひげおやじ
ワガママなおやじでも出来ましたから

 

 

サイトを選んで登録・・・

 

各サイトを比較できるサイトもあります。

ふるさと納税ガイド

出典:ふるさと納税ガイド様 HPより

 

上記 比較サイト「ふるさと納税ガイド」様を利用して、「返礼品」を探したり、「マイ専用サイト」を見つけてみて下さい。

いくら寄付したとか、いくつの自治体に寄付したとか把握するためにも、どれか一つのサイトを専属で利用するのがベターではないかと思います。

 

笑顔ひげおやじ
笑顔ひげおやじ
楽天ユーザーなら「楽天ふるさと納税」、
有名どころで「さとふる」「ふるなび」、
返礼品数で「ふるさとチョイス」あたりが良いかもね

 

 

いよいよ本題、何を選ぶべきか・・・

 

いや、好きなもの選んでください…ってそれじゃぁ芸がないんで、しっかり考察していきましょう!

この記事のお題は【年収300万円、若手サラリーマンの「ふるさと納税」攻略法!】です。 年収300万円ということはそんなに自由になるお金が少ない…ということだと思います。 そんな人たちが選ぶべき「返礼品」は、ずばり「必需品」です!

・ラーメン(寄付金10,000円)

・ティッシュペーパー(寄付金5,000円)

・お米(寄付金5,000円)下記2つのうちどちらか

・飲料(寄付金8,000円)下記3点からいずれか

出典:ふるさとチョイス様 HPより

 

寄付金合計28,000円

・ラーメンセット(即席めん×20、カップ麺×8)
・ティッシュペーパー(200組400枚×20)
・お米(5㎏ もしくは バックごはん180ℊ×12)
・飲料(いろはす2ℓ×12、いろはす555㎖×24、アクエリアス500㎖×24のいずれか)

どうでしょうか? 寄付金28,000円で上記4点の返礼品が届きます。 自己負担額は2,000円なので、2,000円で上記4点を購入したことと同じになります。 日本中どこの激安スーパーでも、2,000円でこれだけを購入するのはまず無理だと思います。


一人暮らしの若いサラリーマンを想定してみました。

 

 

自粛ムードで家飲みするなら・・・

 

新型コロナウイルスの影響で「リモート飲み」なんて言葉も出来ましたね。

・氷結(寄付金13,000円)※単味など組み合わせ色々あり

・焼酎ハイボール(寄付金10,000円)※各味あり

・おつまみ(寄付金5,000円)下記4点からいずれか

出典:ふるさとチョイス様 HPより

 

寄付金合計28,000円

・氷結350㎖×24(各味組み合わせ色々あり)
・焼酎ハイボール350㎖×24(各味あり)
・おつまみ(どれかひとつ)

どうでしょうか? 寄付金28,000円で上記3点の返礼品が届きます。 自己負担額は2,000円なので、2,000円で上記3点を購入したことと同じになります。 やっぱりどこの激安スーパーでも、2,000円でこれだけを購入するのは無理でしょうね。 リモート飲み会も何回も出来ます。

 

 

逆に一点張りでプチ贅沢を・・・

 

とにかく一度サイトを覗いてみて下さい。いろんな「返礼品」が掲載されていますから。

今回は年収300万円の独身サラリーマンをターゲットに考察したので、「質より量」のイメージで「返礼品」を選んでいますが、逆に「量より質」をイメージすればリッチな気分になれるかもしれません。

いつもは中々贅沢出来ない…って人も2,000円でプチ贅沢を!

・A5等級 サーロイン(寄付金28,000円)

・本マグロ(寄付金28,000円)

・うなぎの蒲焼き(寄付金28,000円)

・ふぐ鍋(寄付金28,000円)

・純米大吟醸原酒(寄付金28,000円)

出典:ふるさとチョイス様 HPより

 

どうでしょうか? 2,000円で味わえるプチ贅沢。 もちろん年収がもっと高くて寄付限度額が上がれば、もっと贅沢できます(笑)。

 

笑顔ひげおやじ
笑顔ひげおやじ
時には自分にご褒美を!

 

 

本当に沢山の返礼品がある・・・

 

自分の寄付限度額内で どんな「返礼品」が貰えるのか、調べるだけでも楽しいと思います。 本当にいろんな「返礼品」がありますから…。

・南部鉄器 ステーキ皿(寄付金28,000円)最高級の和牛にこそ使ってほしい、本格志向の方のための南部鉄器ステーキ皿です。
重量感のある南部鉄器だからこその蓄熱性の高さで、通常のフライパンにはない本格的な火入れを実現できます。専用の木台とハンドルで、キッチンからテーブルへ熱々のままサーブしていただけます。
極上のステーキを最高の状態で味わってください!

 

・幸せのコーヒーカップ(寄付金28,000円)

・クローバーからハートに変わる?
・飲んでみて気づくサプライズ
・大切な方へ幸せのおすそわけ!
・愛や感謝の気持ちを伝えるギフト

出典:ふるさとチョイス様 HPより

 

変わり種として、「南部鉄器のステーキ皿」。 お家でおいしくステーキがいただけます!

恋人や新婚さんにもってこいの「幸せのコーヒーカップ」。

本当にいろんな物がありますよ。

 

焦りひげおやじ
焦りひげおやじ
今年ステーキ皿頼むと お肉食べれないし、お肉頼むと美味しく焼けないし…

 

 

「ふるさと納税」まとめ

 

いかがでしたでしょうか? 「ふるさと納税」ちょっとやってみようかな…て思っていただけたでしょうか? そう思った人は是非チャレンジしてみて下さい!

 

ステップ:1 サイトを選ぶ

 先ずはここから→ふるさと納税ガイド

 

ステップ:2 寄付金控除上限額を調べる

 詳細シミュレーションを活用しよう!

 

ステップ:3 自治体(返礼品)を決めて申し込む

 存分に楽しんでください(笑)!

 

ステップ:4 寄付金控除の手続きを行う

 ワンストップ特例制度を活用しよう!

 

ステップ:5 返礼品が届くのを待つ

 以上のステップで完了です!

 


「習うより慣れよ」で、やってみればなんてことない…って感じだと思います。 ワンストップ特例制度を使えば、申請書に数か所記入して郵送するだけで確定申告が不要になります。

是非、「ふるさと納税」ライフをエンジョイしてください!…って大げさですね。

 


管理人であるワガママひげおやじは、普段は投資のことなんかを記事にしています。

そんな投資のことは、また別の記事で・・・。

 

 

 

ABOUT ME
ワガママひげおやじ
IPOの結果を主に発信していきます! 2020年、いろんな”初めて”を経験しています! 50才を過ぎてるのに! 人生は一度っきり! でも失敗したくない!! そんな「ワガママひげおやじ」と一緒にいろんなことを勉強しましょう!!
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA