IPOについて

IPOは本当にNISAと相性がいいのか!? 答えはあるのだろうか?

 

NISAとは

NISAとは、2014年1月にスタートした、少額からの投資を行う方のための非課税制度です。

例えば投資信託に投資した場合、「普通分配金」と売却時の「譲渡益」が非課税になります。ただし、他の口座(一般口座や特定口座)で発生した譲渡益や配当金等との損益通算はできません。

出典:金融庁HPより

 

 

 

どうも 管理人のワガママひげおやじです。

投資をされている皆さんはNISAってどうしてますか? これはもう人それぞれなんでしょうが、結構難しいですよね?

 

ここでNISAをよく知らないって人のために めちゃくちゃざっくり解説すると、株(投資)で儲かった分から税金は取りませんよ…っていう制度のことになります。

株だろうが銀行預金の金利だろうが、儲かったものには大体税金が掛かるようになっています。 その場合儲けの20%が税金として徴収されることになります。

 

NISAでは 限度枠内での運用で得た儲けに対して税金が控除され、例えば100万で購入した株が値上がりして200万で売ったとします。 すると儲けは100万ですから本来なら20万の税金が掛かりますが、NISAを利用すれば0で済む…ということです。

他にはつみたてNISAというものもあって、詳しく知りたい方はリンクを貼っておくので金融庁のHPへどうぞ!

↓こちらをクリック↓
― 金融庁:NISA特設ウェブサイト ―

 

 

 

IPOとの相性は・・・

 

NISA(積立でない普通)の1年間の利用限度枠は120万円までです。

 

管理人が2020年に当選したIPOは全部で3銘柄あり、

銘 柄 公募価格 初 値 初値売利益
ウイルテック 120,000円 120,000円 0円
グッドパッチ 69,000円 275,700円 206,700
ヤプリ 316,000円 524,000円 208,000
合 計 505,000円 919,700円 414,700

 

上記の表のようになっています。

これは大体50万で株を買って90万位で売れたので儲けが40万です。 儲けに対して20%が税金ですから、8万程に羽が生えて飛んで行きました…。

これがNISAで購入出来ていれば 8万が手元に残り、まだ70万円程の枠を残した状態なので、そちらでも利益を出せればさらに本来支払う税金分だけお得になります。

 

すごいぞ、NISA
勝率が高いIPOとの相性バッチリじゃん!!

 

って簡単にはならないんですよね・・・

 

 

 


NISA口座は一つだけ・・・

 

知っている人はもちろん知っていますが、NISA口座は一つしか開設出来ません

 

それに対して、IPOの攻略法としてよく言われているのが複数口座の開設です。

管理人もIPO16もの口座を開設いたしました。 他に嫁さんの口座を1つ開設しています。

 

そして2020年に当選した3銘柄の口座と言えば…

銘 柄 初値売利益
ウイルテック みずほ証券
グッドパッチ SBI証券(嫁)
ヤプリ みずほ証券

 

上記のようになっています。

管理人がみずほ証券NISA口座を開設していれば、ヤプリ20万の利益に対する税金4万程が手元に残りますし、嫁さんに至っては1口座しか開設していませんからSBI証券で決まりです・・・

 

 

 

管理人のNISA枠は・・・

 

管理人がNISA口座を開設したのは…、

・・・SBI証券です。

 

そして嫁さんはSBI証券なんですが…、

・・・つみたてNISAなんです。

 

 

つまりIPOに関しては、全くNISAの恩恵を受けていないのです…(泣)。

 

 

 

 


なぜSBI証券・・・?

 

これはあまり深く考えていなかったんですが、まずはIPOの取扱い数が断然多いこと。 そしてIPOチャレンジポイントという制度があること。

まぁ管理人の場合 投資を始めてすぐにNISAを使ってしまい、コロナで損切りしたので何ともならないんですが…。

 

それでも1年間IPO投資を全力でやってきて分かったことがあります。

 

1.主幹事以外期待できない

SBI証券もそこそこ主幹事あるんですが…

 

2.資金力に左右される

SBI証券の場合、これが一番きつい!
1口申込みと100口申込みでは当選確率で100倍の差が!!

 

3.ポイントが全然足らない

1、2年でどうにかなるものじゃないです…。 管理人は全銘柄申込み&キャンペーンでも少し頑張った → で2020年は140ポイントほどです。 A級銘柄に必要なポイントは600ポイント以上とも言われている今、少なくとも3~4年後ですし その頃には700ポイントとかになってるかも…。

 

 

 

他の証券会社にする?

 

主幹事で期待するなら大手証券会社の

野村證券
大和証券

SMBC日興証券
みずほ証券

 

ってことになりますね。

基本的に抽選分は平等抽選ということで、昨年はみずほ証券2・今年に入ってSMBC日興証券1当選しています。
※みずほ証券の2回はいずれも補欠繰上り

 

SBI証券でも嫁さんの口座で当選しているので大して違いはないのかもしれません。

 

また 野村證券は前受金不要、大和証券みずほ証券は同一資金で複数申込みが可能ですが、SMBC日興証券は申込む分だけ資金が必要になりますね…。

 

 

 

 


それでもSBI…かな

 

管理人の場合、すでにSBI証券NISA口座を開設していますからね。

NISA口座というのは1年で別の証券会社に変更することは可能らしいのですが、手続きなんかも面倒臭いですしね。

そもそもそんなに当たらないだろうってのは想定していて、嫁さんの口座はつみたてNISAにしたんですよね。

 

管理人は今、粛々とIPOチャレンジポイントを貯めています。

3~4年後にはA級銘柄をゲット出来ると信じて。 そしてその間にも2~3回は当選するんじゃないか…と、甘い考えを持っています(笑)。

 

ついこの間(2021年3月11日)に当選発表のあった「ココナラ」が補欠当選だったので、NISA枠で申込んでおきました。ダメだと思いつつ…。

IPO抽選結果発表!「ココナラ」3月19日上場予定の「ココナラ」! 当選なるか? 果たして抽選結果は!? 主幹事の大和とみずほは翌朝発表のため、まずは前哨戦! SBIにマネックスに松井証券の結果発表!!!...

 

 

結局、どうすれば…?

 

そもそもどこの証券会社でNISA口座を開設しても、当たるか当たらないか分からないIPOのために枠を残しておくのは勿体ない気もしますね。

となると、多少IPOのためにNISAを残しながら使っていくのがベストなんでしょうか。

それならメインで使用する証券口座が良いでしょうし、手数料が安い方が尚いいですね。

 

やっぱり管理人はSBI証券一択になりそうです。

皆さんはどうですか?

よければコメントいただけると勉強になります。

 

 

 



2021年も全力でIPOに参加していきます。 管理人は40代50代の投資初心者・未経験者の方向けに発信しているつもりです。 もちろん若い方の閲覧も大歓迎です! 是非応援していただけると心の励みになります!! 応援の仕方は、この下の方にある「にほんブログ村」の このブログに投票 ってボタンを押したり、ブックマークや「にほんブログ村」でフォローする…といった感じです。 これからも小市民LIFE編集部の記事を、よろしくお願いいたします。

 

小市民LIFE編集部

 

 

ABOUT ME
ワガママひげおやじ
IPOの結果を主に発信していきます! 2020年、いろんな”初めて”を経験しています! 50才を過ぎてるのに! 人生は一度っきり! でも失敗したくない!! そんな「ワガママひげおやじ」と一緒にいろんなことを勉強しましょう!!
にほんブログ村
人気ブログランキング

POSTED COMMENT

  1. めらすみず より:

    こんにちは。先日はお返事ありがとうございました。

    NISA 口座の件、私は家族3人とも大和証券です。
    IPO については、この3年間、大和での当選数が一番多かったです。
    枠の残りは、年末までに投資信託の購入で、埋めています。
    ただ、残念なことに、今後はチャンス当選がなくなりますよね。
    過去の実績でいけば、当選が2割ほど減る計算です。

    あと、みずほ証券では、年1回ずつ当選(繰上1回)しています。
    IPO だけで考えれば、候補になるのではと思います。

    SBI については、高額当選の期待があれば、考えてもいいのですが。
    もしポイントが、現時点で 500 とかあればなあ、ということです。

    いずれにしても、なかなか当選しないのが難点ですね。
    上記のうち、日常取引きしている証券会社がお勧めかと思います。

    • ワガママひげおやじ より:

      めらすみず様

      いつもコメントありがとうございます!

      おー、NISA口座の大和証券が一番当選数多いって羨ましすぎじゃないですか!?
      私はそもそもチャンス当選の枠が無かったせいもあるんですが、
      補欠すら一度もないんですよね~(泣)。

      やっぱりなかなか当選しないことを考えると、NISAと相性が良い! とは
      言いにくいですね…。

      今、息子の大学の入学式用にとスーツを買って帰ってきたところです。
      入学式があると信じて・・・。
      来年は問題なくあるでしょうから娘さんの分、楽しみでもありますね!

      うちも物入りな期間がしばらく何年も続くので、少しでも補填できるよう
      当選してくれると嬉しいんですけどね(笑)。

      コメント本当に励みになります。
      公私でバタバタしているんですが、いろんな方に力をいただいて
      何とかかんとかやってる感じです。

      それでは、来週からのめらすみず様のご武運をお祈りしております!

  2. Prof.新城 より:

    ワガママひげおやじ様

    こんにちは、Prof.新城です。
    私はIPOブロガーですが、NISAはIPOで活用するのがいいのではないかと考えています。
    NISA=IPOの考えは、効果の視点で考えています。
    IPOで当選するのはたいてい主幹事ですが、どこで当選するかは運次第。
    そこで考えたのが、「野村・大和・日興・みすほ」で最も相性の良い会社でNISA口座を開設する。
    SBI証券でチャレンジポイントが貯まり、ポイントで勝負できる時が来たら、NISA口座をSBI証券に移すというやり方。
    SBI証券(ポイント)でIPOがゲットできたら、また前述の4社のどれかに翌年移すものです。
    私は過去2回、NISA口座の移管をしました。
    ポイントでIPOゲットするには、最低でも5年は必要ではないでしょうか?
    よって毎年移す必要もありません。
    また、私はNISA枠120万円を使い切る必要はないと思っていますが、どうしても使い切りたい場合もあることと思います。
    NISAをIPOメインにしても、NISA口座がある証券会社での当選は年に良くて1~2回。
    ということは、半分の60万円は残りますので、IPO以外で60万円分個別株投資をしてもたぶん問題はないでしょう。
    この考え方が正しいのかどうかより、「誰もがNISAを納得して使いたい」というのが、本当のところではないでしょうか。
    では、また(^^)/~~

    • ワガママひげおやじ より:

      Prof.新城さま

      いつもありがとうございます。

      おっしゃる通りですよね~!
      5年は見ておかないとダメですもんね…。

      私もIPOブロガー擬きとして、当選した際にNISA活用して
      IPOの良さもNISAの良さも発信できれば…と思ってますから。
      (それ以上にただ儲けたいという説も…)

      Prof.新城さまはやはり大和証券でNISA口座でしょうか。
      するとココナラはNISAで申込みかな。私も早く体験してみたい!

      そして「退職代行」がそんなにあるとは!?
      日本の今の現状・・・、「どんだけ~!」ですね。

      明日からまた抽選発表が続きますが、
      Prof.新城さまのご武運をお祈りしております!

      それでは!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA