暮らしのこと

スパコン「富岳」8年半ぶり世界一に!・・の報道の中で

理化学研究所と富士通が共同で開発

 

スーパーコンピューター「富岳」、8年半ぶりに世界一に輝く!

今日はこんなニュースが流れてきました。 やはり日本の技術力は大したもんだ! って多くの方が思われたんじゃないでしょうか。 全く関係のないワガママひげおやじも、なんだか誇らしい気持ちになりました。

 

計算速度など4つの部門で世界1位に輝いた「富岳」

出典:理化学研究所様 HPより


そんな中、ある人のコメントが掲載されていました…

 

「2位じゃダメなんでしょうか?」で有名な

 

出典:蓮舫参議院議員 HPより

 

2009年のことで、もう10年以上前になります。 当時の民主党政権時代に、“天下御免”の事業仕分けの中で飛び出た一言。 端正な顔立ちから歯に衣着せぬ発言で注目を集めた蓮舫議員です。

「文部科学省も理化学研究所も前向きな改革に取り組んでこられた努力に敬意を表します」とのコメントでした…。


どうでしょうか?
みなさんはどう思われたでしょうか?


ワガママひげおやじ
は何かスッキリしない、何処か引っ掛かる、そんな感じでした…。

 

怒りひげおやじ
怒りひげおやじ
蓮舫さんのコメント、本当に必要かな?

 

“人”が喋ったことを、“人”が書き起こしている…

 

私たちのまわりには情報が溢れています。 いや、溢れ過ぎているのかも知れません…。 その情報の選別、取捨選択を皆さんはどうしていますか?

ワガママひげおやじは正直に言って、蓮舫議員のことは好きではありません。 なんなら2009年当時の あの発言には、嫌悪感さえ抱いたほどです。 そのワガママひげおやじでも今回のニュースには首を傾げてしまいました。 何かワイドショーのノリのような…。

資本主義のこの世の中では、殆どのことがお金と結びついていると思われます。我々が普段何気なく目にしたり 耳にしているニュースですら、何かの力によって 悪意あるものに置き換えられているかもしれません…

 

2009年当時を振り返ってみる…

 

事業仕分け、とりわけ記憶に残っている「2位じゃダメなんでしょうか?」を少し調べてみました。

次世代スパコン事業の開発が当時、理化学研究所を中心として富士通、NEC、日立の3社との共同プロジェクトで行われていたが、2009年5月にNECと日立の2社が撤退するなど いろいろすったもんだがあったようです。 そんな中、事業の方向修正などの話の1つとしてスピードだけを追い求める意味を問う、あの言葉であったそう。 さらに言えば 蓮舫議員だけでなく、スパコンを利用する側の東大教授たちなどの専門家からも同様の意見が出ていたようで、決して“うるさい母ちゃん”が「何でお小遣いを無駄に使うの!?」的な発言ではなかったそうです…。

すべての真実をあらゆる角度から、余すことなく伝えるということは難しいことかもしれません。 ただ嘘をつかなくとも事実を捻じ曲げるような報道は可能かもしれませんし、1部分だけを誇張して報道すれば、その部分だけが真実であるかのように伝わってしまうかもしれません。

今回のスパコン「富岳」の世界一、という日本人として誇らしいニュースの中で、溢れかえる情報との向き合い方について考えさせられた…っていうのは大げさですか?

同時に、たかが個人ブログといえど情報を発信しているという責任感を持たなくてはと、考えさせられました。

そんなワガママひげおやじの普段は何にも考えていません。 そんな何にも考えていない能天気な出来事は、また別の記事で・・・。

 

 

ABOUT ME
ワガママひげおやじ
IPOの結果を主に発信していきます! 2020年、いろんな”初めて”を経験しています! 50才を過ぎてるのに! 人生は一度っきり! でも失敗したくない!! そんな「ワガママひげおやじ」と一緒にいろんなことを勉強しましょう!!
にほんブログ村

POSTED COMMENT

  1. joxter より:

    今の野党って本当に?ですね。
    彼等の存在こそ税金の無駄だお思います!

    • ワガママひげおやじ より:

      コメントありがとうございます。
      ですね。
      でもワガママひげおやじは
      普段何にも考えてないんです…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA