投資のこと

コロナショックで投資をはじめてみたい”あなた”へ(前編)

銀行にお金を預けてもほとんど増えない!

 

超低金利の今の時代、銀行にお金を預けていてもほとんど増えていきません。
それでも損をすることはないからと銀行に預けっぱなしになっている方は少なからずお見えになるのではないでしょうか?

普段ひげおやじ
普段ひげおやじ
”ワガママひげおやじ家”も
ずっとそうだったよ


私は2018年からはじめた”iDeCo(イデコ)”も運用商品には定期預金を選んでいます。
毎月23,000円を積み立てて金利は0.02%ですから、1年間でもらえる利息は約55円です。
ただ実際には手数料が毎月170円ほど掛かりますので、
1年間の掛け金 276,000円よりも2,000円ほど少ない金額しか貯まっていきません。

それでも”iDeCo(イデコ)”の場合、運用収益の非課税以外に積立て金が全額所得控除となり、”住民税”と”所得税”が減額されます。
※例えば年収500万円の会社員が毎月23,000円積立てると1年で約55,800円の節税になります!
これは約20%の利息が付いたようなもので、276,000円預けたら約330,000円になった!といった感じです。

原則として60才までお金を引き出せないなどのデメリットもあるので、若い人は特に注意が必要です!


iDeCo(イデコ)で頑張って毎月23,000円積立てていますが、あと10,000円余裕があるって時に銀行に預けっぱなしになっていました。
そもそもお給料が銀行口座に振り込まれ、必要な経費なども自動で引き落とされ、必要なお金だけを引き出して生活してますから、余ったお金は銀行に預けっぱなしになります。

嘆きひげおやじ
嘆きひげおやじ
そもそも そんなに余るわけじゃないしね

 

”投資”について考える

 

銀行に預けていてもお金が増えないなら、どうすればいいでしょう?
こうすればいい!って正解はないかもしれませんが、”投資”って言葉が浮かんできませんか?

ひと口に”投資”と言っても、いろいろなものがあります。
不動産」、「株式」、「FX」、「投資信託」、「債権」、「先物取引」、「」などなど・・・。

実は、これらほとんどの物が「証券会社」で購入することができます。

嫁さん
嫁さん
えっ?
不動産は不動産屋じゃないの?
笑顔ひげおやじ
笑顔ひげおやじ
REIT(リート)”っていう不動産の株券のようなものがあるらしいんだ
家賃に相当する”分配金”がもらえて 大家さんになるって感じかな

資産(アセット)”には大きく分けて

ペーパーアセット(紙の資産)

リアルアセット(実物資産)

の二つがあります。

ペーパーアセットはいわゆる証券化できるもので、流動性が高い(すぐに現金化できる)と言われています。
それに対してリアルアセットは土地や金・絵画などで、流動性が低い(買い手がみつからないと現金化しにくい)と言われます。

このペーパーアセットの多くが「証券会社」で購入できます。

笑顔ひげおやじ
笑顔ひげおやじ
そもそも電子化の流れで””すら無いことが多いけどね


先ほど触れましたが、ペーパーアセットは流動性が高いことや 何より手軽に取引できることから、初心者にはおすすめです(私も初心者です…)。

 

どうやって買うの?

 

証券会社に「証券口座」を開設します。
人気なのは「SBI証券」さんと「楽天証券」さんでしょうか?
他にもいろんな”ネット証券”があります。

また別の記事で書く予定ですが、「IPO投資」には絶対SBI証券」さんは外せません!
というか、複数の証券会社から口座開設した方が有利になります。

とはいえ、まずは一つの証券会社を決めて申し込みましょう!

”を買ったり売ったりするには「証券口座」が必要!


証券口座を開設しようとすると3つの種類から選ぶことになります。

・一般口座
・特定口座(源泉徴収なし)
・特定口座(源泉徴収あり)

購入できる商品が違う、なんてことはありません。確定申告に対しての違いになります。
そもそも利益が出た場合、税金を納める必要があります。

・一般口座は、「計算なんかも自分でやって確定申告してね」
・特定口座(源泉徴収なし)は、「計算はやっておくけど納税(確定申告)は自分でしてね」
・特定口座(源泉徴収あり)は、「計算やるついでに納税(確定申告)もしておくね」

って感じなので、会社員で普段から確定申告をしない人は特定口座(源泉徴収あり)を選びましょう。

嘆きひげおやじ
嘆きひげおやじ
意外と知らない人もいるけど 銀行のわずかな利息にも税金は掛かっていて、税引き後のお金が計上されているんだ・・・

口座を開設したら”入金”をして、あとは購入するだけです。

何を買ったらいいの?

 

これはもう好みです(笑)

そもそも私がまだまだ勉強中です! 教えて欲しいです!!

変態ひげおやじ
変態ひげおやじ
誰か教えて~っ!


とはいえ、これを見てくださっているほとんどの人が初心者だと思いますので 大事な考え方を書いてみます。

 

”リスク”と”許容度”

 

”リスク”の意味わかる?」 と聞かれたら何と答えますか?
まず思い浮かぶのは「危険」ですよね。
ただ”金融商品”において使われる”リスク”とは、”不確実性”といいます。

リスクが低い金融商品
小さく儲かる ~ 小さく損する(振れ幅が小さい)
リスクが高い金融商品
大きく儲かる ~ 大きく損する(振れ幅が大きい)

リスクが低い金融商品の代表は何と言っても”銀行預金”です。
え? 金融商品? って思う人もいるかもしれませんが、バリバリの金融商品です(笑)。振れ幅全くありません。他には”債権”や”保険”なんかもリスクが低いと言えます。

REIT(リート)” や ”株式”なんかは、リスクが高いです。

じゃあ””は?
”はよく安全資産って言われます。リスクが低いと言えるでしょう。
ただし””は何も生みだしません。 どういうことかと言うと、””は”配当”を生みます。 ”不動産”は”賃料”を生みます。 でも””は何も生みません。
なので「””だけを買うんじゃなく他のものと組み合わせなさい」ってよく言われています。

リスク”が理解できたところで、今度はその”リスク”をどれだけ受け入れることが出来ますか? っていうのが ”許容度”です。
同じ100万円を持っていても、「10万円なら損をしても我慢できる」っていう人と、「100万円全部無くなってもいいから儲けを狙う」っていう人では ”許容度”が違うということです。
一般的に、”年齢” ”家族構成” ”収入” ”保有資産額” あとは”性格”などにより変わってきますね。

普段ひげおやじ
普段ひげおやじ
「自分を知る」ってことが大事だね


大事な考え方に ”買い方” っていうのもあります。
それについては(後編)で書いていきたいと思います。

それでは(後編)の記事で・・・。

 

ABOUT ME
ワガママひげおやじ
IPOの結果を主に発信していきます! 2020年、いろんな”初めて”を経験しています! 50才を過ぎてるのに! 人生は一度っきり! でも失敗したくない!! そんな「ワガママひげおやじ」と一緒にいろんなことを勉強しましょう!!
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA